So-net無料ブログ作成

第81回米アカデミー賞☆日本作品がW受賞!! [トレンド]

す、すごい快挙ですね!!

22日(日本時間23日)にロサンゼルスで行われた、第81回米アカデミー賞の授賞式で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞に、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に輝きましたね~~!

日本作品が受賞したのははじめてでしょ~[exclamation]それもWですからね!いや~興奮しますねぇ。

映画「おくりびと」は本木さん演じる、遺体を棺に納める納棺師となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作、(というか、気になりながら実はわたしまだ観てないのだす(汗))時代劇などではなく、日本の日常が描かれている作品が受賞したというのがまた嬉しいですよね。

23日の東京株式市場では、この「おくりびと」を配給する松竹の株価にご祝儀買いが入り、
前週末比98円高(15・17%)の744円と、大幅に上昇して取引を終えました。

株式市場が景気悪化懸念でじりじりと株安を続けている中、久しぶりの好材料ということで評価されたようです。

日本の映画が国際的に評価されたということは嬉しいですね[わーい(嬉しい顔)]

元気をいただきました[グッド(上向き矢印)]

ちなみに「おくりびと」、都内では新宿ピカデリー他でロングラン上映中ということですので、早速観に行ってきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

マネー・ゲーム

“菊水”とカマンベールですか。
機会があれば私も試してみますね。

映画は
1950~60年代のものを好んで観ます。
先日、久しぶりに
ヘップバーンの『昼下りの情事』を観ましたが
改めて
オシャレな映画だな~って思いました。

現在の映画ももちろん秀作はありますが
“故きを温ねて新しきを知る”
というのも確かですね。
by マネー・ゲーム (2009-02-24 10:29) 

セッチー

温故知新・・・心に響きますね。お酒も映画も同様ですね。
ヘップバーンの映画っていつ観ても時代を感じさせないというよりいつまでも新鮮さがありますね。私も、時間を作って、007シリーズを全作はじめから鑑賞したいと思っています(^^)
あ、菊水&カマンベールのコラボですが、かなり好みがはっきり分かれるかと思います(苦笑)微妙な味わいになりましたらごめんなさいませ。
by セッチー (2009-02-25 00:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。