So-net無料ブログ作成

いのちのバトン【こころに響くことばVol.17】 [こころに響くことば]

   父と母で二人 父と母の両親で四人

   そのまた両親で八人   こうしてかぞえてゆくと

   十代前で千二十四人 二十代前では・・・なんと百万人を越すんです

   過去無量のいのちのバトンを受けついで    いまここに自分の番を生きている
   
   それがあなたのいのちです   それがわたしのいのちです

                                          相田みつを

   ☆☆☆
   ご先祖さまがこれまで引き継いで下さった命を大切にしながら自分の使命を全うしたい。
   この言葉はいのちの尊さを改めて考えさせてくれる言葉。
   時折思い出してはかみしめています。

   今夜は綺麗な満月が夜空に輝いています[ぴかぴか(新しい)]
   DSC06147_new.JPG

   神秘的な光を放って。
   

nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 4

ulyssenardin36000

そう考えると、ルーツは深いですね!私は娘が一人なので、もしも結婚してくれなければ、19代で終わります。少子化や経済不況、それに相続税も高すぎです。これでは資産切り売りしないとご先祖様の所縁の土地もまもれないです!
by ulyssenardin36000 (2010-07-27 06:12) 

うっしー

我が家は何代目になるんだろうか・・・(^^;
時には命のバトンの奥深さを考えるのも良いですね♪
by うっしー (2010-07-27 06:32) 

セッチー

ulyssenardin36000 さん、仰る通りですね。現実を考えると子孫のために、国、そして個々がなすべきこと・課題が山積です。このまま放っておいて後々愛すべき子供たちや子孫が苦しまないように今こうして生きている私たちが出来ることから実行せねばなりませんね。
by セッチー (2010-07-28 01:42) 

セッチー

うっしーさん、お久しぶりです☆お元気でいらっしゃいますか?
そうですね、たまには命について考えてみるのも新たな気付きが出てきたりしていいですね。私も、相田みつをさんのこのお言葉を読み返しながら、祖父母、曾祖母の顔を思い出し幼きころの懐かしい思い出に浸っておりました。
by セッチー (2010-07-28 01:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。