So-net無料ブログ作成

中国0.25%追加利上げをどう見るか? [株式・経済]

一昨日の8日夜に、中国人民銀行が昨年以来3度目の利上げを発表しました。
9日から実施され、1年物の定期預金基準金利と貸出基準金利が0.25%ずつ引き上げられることになりました。(これにより、定期預金基準金利は3.00%、貸出基準金利は6.06%へ)

中国はこのところ、物価や不動産価格が上昇してきていていますし、特に食品の値上がりは深刻のようですね。物価高が進めば、当然国民の不満が膨らんできます。
今回のエジプトやチュニジアなどで相次ぐ政権批判や民主化への運動もこれら物価高が一因にもなっていますし、中国も社会不安には危機感を募らせているということでしょう。

昨日放送のラジオ日経「マット今井のズバッとケーザイ!」では
『中国の今回の利上げによる影響』についてマット今井こと今井雅人衆議院議員にお話を伺いました。

http://market.radionikkei.jp/matt/
(こちらの番組ホームページでオンデマンド放送をお聴きいただけます。)

今井さんのお話によると・・・
「中国は経済がどんどん伸びている中で格差社会が非常に拡がってきており、今回の利上げも物価を抑えなければいけないという背景で行っている。中国は実にタイミングよく過熱を抑えており、今回の利上げによって今後も中国経済が緩やかな成長で維持できるとすれば、中国の株価をはじめ先進国の株価も安定的に推移するであろうことから大崩れはしないと見ていいだろう。仮にインフレが暴走はじめたときには中国は非常に厳しい状態になる可能性は考えられるが、今はまだそういう状況でない。中国が過熱抑制で前倒しで対応していることは、好意的にとっておきたい」とのご見解でした。

今回の中国の金融引き締めについては市場では今後も続いていくだろうとの予想が大半を占めていますが、これによって株価が大きく崩れると予想する声は多くないようです。
それにしましても、新興国各国はこのところ利上げ続き。アジア各国通貨が軒並み上昇し、資金が流入していることには株式・為替を見る上では注目しておきたいですね。

DSC04327_new.JPG
バービーちゃん、中国バージョン♪
(Barbie上海にて)
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。