So-net無料ブログ作成
こころに響くことば ブログトップ
前の10件 | -

99歳の詩人・柴田トヨさん「貯金」 [こころに響くことば]

ラジオ局に向かう途中に、小さなお寺があります。

そのお寺は毎月、今月の言葉として、掲示板に詩を掲載しています。

何気なく掲示板に目をやると
今月も「はっ」と気づかされる言葉がそこにはありました。

「貯金」 

私ね 人からやさしさを貰ったら 心に貯金しておくの
さびしくなった時は それを引き出して元気になる
あなたも 今から積んでおきなさい
年金よりいいわよ

DSC00092_new.JPG

99歳の詩人・柴田トヨさんの詩でした。

柴田さんのお人柄と信条がよく表れたお言葉。
相手から受ける善を感謝の意を表しつつ心に積んでいく
これは、相手の思いを素直に有り難く受け取ることが出来なければ
そこに到達できないでしょう。

お金を貯めることも毎日の生活を豊かにするためにもちろん必要ですが
さらにを豊かにして人生の実りを大きくすることこそ
元気の源であり真の幸福でありましょうね。

柴田さんの詩から見えてくる柔軟な感性に心が動かされました。


くじけないで 詩集&朗読DVDセット

くじけないで 詩集&朗読DVDセット

  • 作者: 柴田トヨ
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2010/12/04
  • メディア: 単行本



【こころに響くことばVol19】 [こころに響くことば]

自ら進んで求めた孤独や他者からの分離は 人間関係から生ずる苦悩に対してもっとも手近な防衛となるものである

Sigmund Freud

F1000052.jpg

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

粋について【こころに響くことばVol.18】 [こころに響くことば]

粋について私はこう考えている。
どんな事態になってもそれを面白がってしまうこと。
そういう心の持ち方。
作家 山口瞳

☆☆☆

心にゆとりを持って、ワクワクしながら
前向きにものごとを捉えていきたいな[るんるん]

☆☆☆
DSC06154_new.JPG

御気にいりの涼菓子「きんぎょ」ちゃん。
夏のこの時期、ご贈答用に持参するたびに皆さんに喜ばれます。

DSC06159_new.JPG

悠々と泳いでいます。

和菓子やさん、遊び心があって粋ですね。

いのちのバトン【こころに響くことばVol.17】 [こころに響くことば]

   父と母で二人 父と母の両親で四人

   そのまた両親で八人   こうしてかぞえてゆくと

   十代前で千二十四人 二十代前では・・・なんと百万人を越すんです

   過去無量のいのちのバトンを受けついで    いまここに自分の番を生きている
   
   それがあなたのいのちです   それがわたしのいのちです

                                          相田みつを

   ☆☆☆
   ご先祖さまがこれまで引き継いで下さった命を大切にしながら自分の使命を全うしたい。
   この言葉はいのちの尊さを改めて考えさせてくれる言葉。
   時折思い出してはかみしめています。

   今夜は綺麗な満月が夜空に輝いています[ぴかぴか(新しい)]
   DSC06147_new.JPG

   神秘的な光を放って。
   

【こころに響くことばVol.16】 [こころに響くことば]

「辛いという字がある。もう少しで、幸せになれそうな字である」
                        
                           詩人・星野 富弘

===
毎回好評頂いている「こころに響くことば」コーナーも復活です[わーい(嬉しい顔)]

今の辛抱も、乗り越えればきっと向こう側に手を広げて迎えてくれる
世界がひろがっていることでしょう。
努力は報われる。そう信じています。

DSC05797_new.JPG


亀の甲より年の甲 [こころに響くことば]

昨夜は
近所の沖縄料理店で一杯。

郷土料理店とはいえ、若いお兄ちゃんが2人で経営していて
内装もオシャレ。

F1000216.jpg
御通し。左側の野菜スティックの黄色は島人参。土の香りと自然の甘味で美味。

DSC05381_new.JPG
じーまみ豆腐。

DSC05383_new.JPG
ブルーチーズの銘柄は、ロックフォール。白ワイン(レゼール、ラールデショワブラン)と一緒に。

DSC05382_new.JPG
タコライスははずせません[わーい(嬉しい顔)]

沖縄の方言ことわざに
「亀の甲より年の功」
という言葉があります。
「かーみぬくーやかとぅしぬくー」と読みます。
(沖縄の方言の響きは優しくて柔らかくていいですね。)

苦難を体験したお年寄りの方々の知恵は貴重である。 おじい、おばあを大切にしましょうという意味だそうです。

経験を積んでこられた先輩の話には気づきがたくさんちりばめられています。

今日は、これから実家の両親に会いに行ってきます[いい気分(温泉)]
両親の近況を聞いてこよう[わーい(嬉しい顔)]

ではまた、後ほど[るんるん]

☆☆☆
明け方に沖縄で震度5弱の地震が発生したそうですね。今回と同程度の揺れが発生したのは1911年以来、99年ぶりとのことですが、現地の方々、大丈夫だったのでしょうか。


耳を鍛えよ。 [こころに響くことば]

先週金曜。
ラジオ日本の朝のワイド番組にゲスト出演されていた
落語家の立川志ら乃さんのコメントから。

「日ごろ良いものをずっと聴いているように心掛けていると 嫌なリズムが耳に入ったときに違和感を覚えるものなんですよ。」

また、
「一流のものを見ていれば見ているほど 自分への駄目出しが厳しくなるんです。」
とも。

日々己に厳しく、ご自身を磨き追求し続けていらっしゃる方だからこそ
出てくる御言葉ですね。

さっそく、忘れないよう心にメモしました[ひらめき]

☆☆☆
金曜の夜は、マーケット関係者の皆様とお芝居をご一緒させていただきました。
次々と出てくるおもしろ可笑しなコントに心を鷲掴みされ、
会場一番前の席で、ヒーヒー泣きながら大笑い[わーい(嬉しい顔)]アイラインもにじみ顔はすごい仕上がりに。

「笑い」ってストレスを一気に吹き飛ばす最強マシンですね。
観劇後の会食でも大好きな方々とご一緒で感激の連続でした[ぴかぴか(新しい)]
F1000190.jpg
台湾料理店にて。寒い夜、紹興酒の温もりが身体に染みわたりました。

まどみちおさんの詩 [こころに響くことば]

先日、フィットネスジムにて。
ランニングマシーンで走りながら、機械に備え付けられているTVで
今年1月3日にNHKで放送されたNHKスペシャル「ふしぎがり~まど・みちお 百歳の詩~ 」
の再放送を見る機会に恵まれました[かわいい]

「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「いちねんせいになったら」でも知られる
詩人のまどみちおさんは、昨年秋に満100歳を迎えられました[ぴかぴか(新しい)]

まどさんは、日ごろ私達が見過ごしてしまう日常の小さな出来事も感性豊かに詩の世界に表現されます。

100歳の今でも詩の創作に意欲を持って取り組んでおられるまどさんの姿に、その言葉ひとことひとことに感動して、ランニングマシーンの上で涙を浮かべていました[もうやだ~(悲しい顔)][グッド(上向き矢印)]ちょっと恥ずかしかったけど[あせあせ(飛び散る汗)]

見逃してしまっていたまどさんのドキュメンタリーを観ることが出来て本当に良かった[るんるん]

美しいことに触れる時、人のこころはふわっとやわらかく羽根がついたかのように幸せになりますね[いい気分(温泉)]まどさんから生きていくためのヒントをたくさん頂きました。

「ぞうさん」を改めて口ずさんでみます。

「ぞうさん ぞうさん おはながながいのね
そうよ かあさんも ながいのよ」
・・・ぞうの子供が大好きなおかあさんといっしょであることが嬉しい、その喜びがとても優しく表されていますね。童謡って子供の心育てには大切なものですね。

こちらもお気に入りのまどさんの詩のうちのひとつです。

☆☆☆☆☆

「もうすんだとすれば」
詩 まどみちお

もうすんだとすれば これからなのだ

あんらくなことが 苦しいのだ

暗いからこそ 明るいのだ

なんにも無いから すべてが有るのだ

見ているのは 見ていないのだ

分かっているのは 分かっていないのだ

押されているので 押しているのだ

落ちていきながら、昇っていくのだ

遅れすぎて 進んでいるのだ


一緒にいるときは ひとりぼっちなのだ

やかましいから 静かなのだ

黙っている方が しゃべっているのだ

笑っているだけ 泣いているのだ

ほめていたら けなしているのだ

うそつきは まあ正直者だ

おくびょう者ほど 勇ましいのだ

利口にかぎって バカなのだ

生まれてくることは 死んでいくことだ

なんでもないことが 大変なことなのだ

☆☆☆☆☆

・・・まどさんの言葉に、はっと気付かされます[ひらめき]
視点を変えると、こころが楽になりますね。

F1000032_new.JPG

ともしび☆ [こころに響くことば]

「外灯というのは
人のために つけるんだよな
わたしはどれだけ

外灯を つけられるだろうか」
相田みつを

☆☆☆☆☆
相手のために何が出来るか。
自分のことばかり考えるのではなくて
相手やまわりの方々に明りをつけて差し上げるということを考えたいものです。

DSC05116_new.JPG
誕生日に頂いたオイルランプに明りを灯しながら、
そんなことを想っています[ぴかぴか(新しい)]

ランプの優しい明りとローズオイルの香りにつつまれて。
アロマでリラックスです[かわいい]
(Aちゃんのあたたかいお気持ちが輝いています。素敵な贈り物をありがとね[るんるん]

現代ッ子。 [こころに響くことば]

※予約投稿です。

宮沢賢治の有名な詩「雨ニモマケズ」

現代版があることを
知りました。

ちょっとご紹介しますね。

雨ニモアテズ
風ニモアテズ
雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ
ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ
意欲モナク
体力モナク
イツモブツブツ 不満ヲイッテイル
毎日 塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ遊バズ
朝カラアクビヲシ 集会ガアレバ貧血ヲオコシ
アラユルコトヲ
自分ノタメダケ考エテカエリミズ
作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ

(中略)

ミンナニ勉強勉強トイワレ
叱ラレモセズ
コワイモノモシラズ
コンナ現代ッ子ニ
ダレガシタ

(平成12年に産経新聞に掲載)

見事ですね。

考えさせられます。

F1000052_new.JPG

前の10件 | - こころに響くことば ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。